0120-605-148(営業時間 8:00-17:00/年中無休)
お問い合わせ・資料のご請求

京都ならでは墓地・霊園をご紹介いたします

寺院墓地・霊園のご案内

臨済宗建仁寺派

両足院

両足院
両足院

両足院 墓地

市内中心部にありながら静寂に満ち、歴史の趣を感じられる墓地です。
また、交通の利便性がよく、気軽にお参りできることも特徴です。

宗派 臨済宗建仁寺派
所在地 京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591
墓地購入条件 不問(墓石・法要等は当寺で行う)
墓地永代使用料 200万円より(1聖地)
各種設備 駐車場
水道栓 トイレ

沿革

両足院
両足院

両足院は、建仁寺の開山・明庵栄西(みんなんようさい)禅師の法脈・黄龍派(おうりょうは)を受け継ぐ龍山徳見(りゅうざんとっけん)禅師を開山とする臨済宗建仁寺派の塔頭寺院です。
現在の両足院は、開山当時「知足院」と号していました。知足院は、龍山徳見禅師の遺骨が知足院に葬られてからは、徳見禅師の法脈を受け継ぐ当院三世文林寿郁(ぶんりんじゅいく)の両足院・一庵一麟(いちあんいちりん)の霊泉院などの黄龍派寺院の本院でした。
創建された当時の両足院は、知足院の別院、または従弟院(つちえん)として建仁寺開山堂・護国院の中にありましたが、天文年間の火災の後、「知足院・両足院」両院を併せて「両足院」と称する事となり現在に至ります。
本堂は、室中に二重格天井を備え内陣に本尊「阿弥陀如来立像」を安置する。
庭園は、白砂と苔に青松が美しい唐門前庭。枯山水庭園の方丈前庭。そして、京都府指定名勝庭園の池泉廻有遊式庭園からなる。

アクセスマップ

  • 市バスの場合
    「四条京阪」下車 大和大通りを南へ5分
    「東山安井」下車 安井通りを西へ徒歩2~3分
    「南座前」下車 徒歩7分
    「清水道」下車 徒歩10分
    「祇園」下車 徒歩10分
  • 阪急電車の場合
    「河原町」駅下車 徒歩10分
  • 京阪電車の場合
    「祇園四条」駅下車 東へ信号二つ目、花見小路南へ突き当り、徒歩7分
京都の石匠 澤吉

当社は明治23年創業以来、京都東山五条の地で心を込めたお墓づくりを続けてきました。そして、これからも伝統の技術を生かしながら、皆さまに安心とご満足いただけるお墓づくりを提案させていただきます。

このページのトップへ