0120-605-148(営業時間 8:00-17:00/年中無休)
お問い合わせ・資料のご請求

初めてのお墓づくりに必要な基礎知識をご紹介

お墓づくりの基本

お墓を建てるタイミング

お墓を建てるのは多くの場合、ご家族が亡くなった時でしょう。しかしそれ以外にも生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」といい、縁起が良いこととされております。また、お盆やお彼岸の時期は各寺院や墓地は参拝客で混雑しますので、この期間中は工事がなかなかできず、納期もかかってしまいます。そのあたりも考慮されると良いかと思います。

お墓づくりに必要な費用

新たにお墓を建立される場合には、「墓地の費用」と「お墓の費用」が必要です。

墓地の費用+お墓の費用=お墓づくりに必要な費用

墓地の費用

永代使用料や年間管理料

  • 「永代使用料」
    お墓を建てる土地を代々に渡って使用する料金(権利料)です。主に寺院や霊園の管理事務所などの墓地所有者に墓地購入時にまとめて支払います。
  • 「年間管理料」
    墓地や霊園の主に共有スペースの「管理費」です。1年ごとの支払いが一般的ですが、寺院・霊園によって異なりますので金額も含め事前の確認が必要です。

当社では墓地をお探しのお客さまに京都市を中心とした寺院墓地・霊園のご案内をさせていただいております。
現地見学会も随時開催しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お墓の費用

「お墓本体(墓石)」+「文字彫刻」+「施工工事」+「付属品」などが含まれます。

  • 「お墓本体(墓石)」の価格
    墓石に使われる石材には国内産から外国産まで、多種多様な種類があります。同じ国内産の大島石でも採石場(丁場といいます)によってグレードに大きな違いがあり、価格も異なります。
    また近年は墓石に適した中国産やインド産の石材が数多く輸入されており、石の硬質や模様、色もさまざまありますので、ご予算やお好みにあわせてお選びいただけます。
  • 「文字彫刻」とは
    墓石に戒名や法名、「〇〇家の墓」、家紋などを彫る作業です。当社では字彫刻専門の職人が確かな技術と真心をこめて、お客様のイメージをひとつひとつ形にしていきます。
  • 「施工工事」に含まれる作業
    「施工工事」にはお墓本体の施工だけでなく、屋外においてお墓が永年しっかりと安定するための強固な地盤づくりと巻石と呼ばれる区画を取り囲む石材の敷設工事や付属品の据え付け作業が含まれます。 また、お墓の建て替えやお引越しの場合には、古いお墓の撤去に関する費用が必要となります。墓石は無造作に処理することができません。永代で安置できる場所へ納めるための費用や、墓石を処分する場合には処理費(台石、コンクリート、土砂など)が必要となります。
  • 「付属品」
    花立て、香炉台、供物台、塔婆立、灯籠、植木など、墓所全体の構成に必要な装飾品を設置を希望される場合。

お墓づくりにはさまざまな費用をトータルで考える必要があります。

近年、墓石店によっては細かい諸費用をあらかじめ提示せずに「墓石本体」 のみの価格を表示し、それだけですべてが完成するかのような印象を与えるセールスを行っている場合が見受けられます。当社ではお客さまのご希望を伺いながら、実際に必要な作業を含めたお見積りをご提案させていただきます。

また、お墓は建ててから数年で劣化するものではありませんが、やはり風雪にさらされてますし、何より長い年月引き継いでいくために出来るだけ良い状態でお墓を維持することが必要です。アフターサービスについてもしっかり相談できる石材店をお選びいただくことをおすすめします。

京都の石匠 澤吉

当社は明治23年創業以来、京都東山五条の地で心を込めたお墓づくりを続けてきました。そして、これからも伝統の技術を生かしながら、皆さまに安心とご満足いただけるお墓づくりを提案させていただきます。

このページのトップへ