0120-605-148(営業時間 8:00-17:00/年中無休)
お問い合わせ・資料のご請求

長年の実績と経験でお墓のお困りごとを解決します

お墓に関するQ&A

お墓に関するよくあるご質問をまとめました。

お墓を建てたいのですが、何から始めたら良いですか。

まずは気軽に石材店に連絡してみましょう。
お墓をどこに建てるのか、いつまでに建てたいのか、当社ではスタッフが丁寧に必要な事項をまとめて、お客様とのお話の中で最適なプランをわかりやすくご提案いたします。

お墓は生前に建てても良いのでしょうか。

生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」といい、縁起が良いこととされています。
最近は残された家族に負担をかけたくないなどの理由から、生前に自分のお墓を建てる方も多くなっています。

新しくお墓を建てる時期はいつが良いですか。

お墓を建てる時期に特に決まりはありません。
新たにお墓を建てられる場合、仏事に関係のある日(四十九日、百ヶ日、一周忌、お彼岸)などの法要に合わせられる場合が多いようです。

個性的なお墓を造りたいと考えています。

「デザイン墓石」と呼ばれる故人の趣味などを様々なかたちで表現したお墓を検討されるケースも増えてきました。
当社でもお客さまの想いをカタチにしたオリジナルデザインのお墓をご提案させていただきます。
ただ、お墓は永くこの世に存在し続けるものであり、手入れや修理こそ必要ですが、時代を超えていくものです。
当社では、お墓を建立された方、継承されていかれる方、そして参拝してくださる方、皆さまそれぞれが自然と心から手を合わせられるようなお墓づくりを目指しています。

遠方にあるお墓を移転(改葬)したいと考えています。

お墓の移転には、ご遺骨の移動が伴いますので法令に基づいた「改葬手続き」が必要となります。
また現在の墓地(墓所)を返還をされる場合は、更地に戻す必要があります。当社では、「改葬手続き」も含めた「お墓のお引越し」業務全般をサポート。
京都へのお墓のお引越し、全国各地への移転など、遠方でも承ります。
お見積も随時受付しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お墓を建て直して、複数の古いお墓をまとめたいと思っていますが手続き必要ですか。

基本的に同じ敷地内でのご遺骨の移動であれば改葬の扱いにはなりません。
ただ、お墓の撤去にあたっては墓前での法要などが必要となります。また古いお墓をどうするのか、例えば永代で安置できる場所探すなどを事前に考えておく必要があります。

お墓の傷みが気になります。補修などはできますか。

どんなにしっかり建立されたお墓でも、長年昼夜問わずに雨風にさらされたり、気温の寒暖差などの影響を受け劣化が進んだり、痛みが生じてしまいます。
当社では大切な墓石や墓所全体の補修(リフォーム)を承ります。
また墓石のクリーニングや補修などでも大切なお墓が生まれ変わります。お墓に関するお困りごとはお気軽にお問いせください。

京都の石匠 澤吉

当社は明治23年創業以来、京都東山五条の地で心を込めたお墓づくりを続けてきました。そして、これからも伝統の技術を生かしながら、皆さまに安心とご満足いただけるお墓づくりを提案させていただきます。

このページのトップへ